NEWS最新情報はこちらをご覧ください

 

DXイノベーションチャレンジとは​​​?DXイノベーションチャレンジとは​​​?

DXイノベーションチャレンジとは、これからのデジタル社会を牽引できる人材の育成を目的とした実践プロジェクトです。
経済産業省が公表した『DXレポート2(中間取りまとめ)』の、コロナ禍を踏まえて浮き彫りになったDXの本質及び緊急性、 企業が事業変革のために取るべきアクションを参考に「課題・解決・実装」を段階的に繰り返して学び、 “DXによるイノベーションの創出”をコンテスト形式で評価する内容となります。新価値創出へ向けた企業そのものの変革を目的とし、 人材育成のみではなく、 その人材が活躍できる場づくりとして経営者・管理者への啓蒙育成も実施します。
参加チーム(1チームあたり3〜5名、18歳以上で構成)は提供される教育機会(講義やワークショップ等)、9月下旬の課題発表を経てビジネスモデルを考案し、11月の決勝大会に挑みます。

DXイノベーションチャレンジとは、これからのデジタル社会を牽引できる人材の育成を目的とした実践プロジェクトです。
経済産業省が公表した『DXレポート2(中間取りまとめ)』の、コロナ禍を踏まえて浮き彫りになったDXの本質及び緊急性、 企業が事業変革のために取るべきアクションを参考に「課題・解決・実装」を段階的に繰り返して学び、 “DXによるイノベーションの創出”をコンテスト形式で評価する内容となります。新価値創出へ向けた企業そのものの変革を目的とし、 人材育成のみではなく、 その人材が活躍できる場づくりとして経営者・管理者への啓蒙育成も実施します。
参加チーム(1チームあたり3〜5名、18歳以上で構成)は提供される教育機会(講義やワークショップ等)、9月下旬の課題発表を経てビジネスモデルを考案し、11月の決勝大会に挑みます。

パンフレットを公開しました。下記よりダウンロードください。

パンフレットを公開しました。下記よりダウンロードください。

パンフレット(PDF)

講師陣/審査員​​のご紹介(2020年実績)講師陣/審査員​​のご紹介(2020年実績)

当コンテストの講師陣/審査員​​をご紹介いたします。掲載は五十音順・肩書きは2020年1月現在のものです。

当コンテストの講師陣/審査員​​をご紹介いたします。掲載は五十音順・肩書きは2020年1月現在のものです。

一覧

PAGE TOP